スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マットでの羽化について!

皆さん、こんばんは!(^^)


昨日のブログのコメントで、マットでの羽化について質問がありましたので、
少し述べてみたいと思います。


まずなぜマット羽化をさせたかですが、菌床よりも安価で済むという利点からです。

それと丁度マットを注文する機会があったので、まとめて多めに注文しました。

と、、、幼虫が蛹化する前に蛹室を作りますが、私の観察によりますと、
粗めの菌床より、微粒子の菌床の方が蛹室の製作期間が短いと感じました。

人間が普通に考えても、あれだけツルツルで綺麗な壁を作るのに、
粗めより微粒子の方が短期間で早く完成することでしょう。

蛹室を作る時は、いつ見てもせっせと蛹室製作に励んでいる幼虫。
あれだけ常に動いていれば幼虫が少しは痩せるのでは?と考え、
蛹室製作は出来るだけ短期間で完了するように粗めではない菌床を
と考えました。

じゃあ、微粒子であるマットはどうだろうか?と考えて試してみました。

詰めてみると菌床より詰めやすいし、菌が回るまで待たなくてもいいし、
管理温度も調整する必要もなく、使い勝手は良かったです。

菌床と違い劣化も殆どなく、羽化後に成虫を取り出したマットは再利用も
可能だと思います。

で、肝心な羽化結果ですが、マットにしたからといって細くなる、太くなるなど
感じる事はありませんでした。

検証するにはデータ不足で何とも言えないと言うのが正直な所ですが、、、。

一つデメリットもありました。

菌床なら幼虫が暴れたら白い部分が茶色になり一目瞭然ですが、
マットの場合、暴れてもマットの色は変わらないので、暴れた個体を
特定する事が出来ないのと、どれだけ暴れたかが全く分かりません。



こんなもんでしょうか!?

あまり参考にはならなかったかもしれませんが、私なりの経験談です。


それでは!(^^)
スポンサーサイト

テーマ : 国産オオクワガタ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^!!

僕もcoolさんと似た飼育方法をとっていますよ^^

しかし、僕の場合は少し発酵の進んでいるマット(一次発酵)を使って羽化させます^^;

この方法はとてもコストが少なくて、キノコに邪魔をされないので良いですよね^^

参考になりました。

なるほど~参考になりました!
coolラインのスタイルを見てもわかりますが
菌床でもマットでも顎の太さは変わらないようですね。

何の雑誌か忘れましたが(本屋で立ち読みしたので)
小島啓史大先生の記事で、
栄養価の低いエサで蛹化させたほうが腹に栄養が溜まらずスタイルの良い個体が羽化する・・・
と、いうような事が書いてありました。
私も今期はマットを使ってみようと思います。
どなたか低カロリーの良いマット知りませんか~?

いらっしゃい!

小林さん、いらっしゃい!(^^)

確かにきのこの発生はないので安心ですね。


ForesterCSさん、いらっしゃい!(^^)

低カロリーのマットに拘らなくてもいいと思いますよ。

安いマットなら自然と低カロリーなのでは?(^^)

プロフィール

c o o l

Author:c o o l
「cool style」ブログへようこそ!

管理人「cool」がオオクワガタのブリード状況と、日頃の出来事を綴っています。

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯から見る!
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。